オタクが断捨離して後悔した?アニメグッズを手放した方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アニメグッズ

私はドラゴンボールの熱狂的なファン。

リサイクルショップ、コンビニに行くたび、ガチャガチャを見かけた時にはおたく癖が発動してしまい、無駄にお金を使っていました。

これまでにTシャツ、タオル、コスプレ、フィギュア、漫画など、これまでにとんでもない数のアニメグッズを勢いのまま買い漁って来た過去があります。

しかし、社会人になって実家を出て、数年立つごとに引っ越し、仕事の関係で転々としているうちに、愛用していたアニメグッズを手放そうかな?とふと考えるようになりました。

考えるうちに、結果的に断捨離をして、持っていたほとんど全てのアニメグッズを手放すことに成功しました。

この記事では私と同じ沢山のグッズを持っているヲタ厨に向けて、アニメグッズを手放して後悔こと、また断捨離の方法などを紹介していくので是非お役立てください。

オタクが断捨離をして後悔したこと

正直に言うと、後悔したことはない。というのが本音になります。

アニメグッズを手放す前までは、「なんか勿体ないかな」「もうちょっと考えてみようかな」そんな感じで色々悩んでいたものの、断舎離して手放した結果、なんとなくスッキリした気分です。

とはいえ、冒頭でもお話した通り、私はドラゴンボールが大好き。

断捨離をして沢山のグッズを手放した今でもその気持は変わらなく、YouTubeを見たりアニメを見たりは変わらずしていますので、手放したからと言ってアニメが嫌いだとかそんなネガティブな感情は一切ありません。

オタクが手放したアニメグッズ

オタクが手放したアニメグッズの写真

私が手放したグッズは、ドラゴンボールのフィギュア約40体、タオル、その他諸々。

今回手放したグッズは、マンガ倉庫やUFOキャッチャー、一番くじなど、入手方法は様々。一つ一つに思い出が詰まっているので手放すとなると、正直少しさみしくなるものです。

ただ、手放して2〜3ヶ月立ちますが、当時の寂しさは時間が解決してくれるものだと実感しました。

オタクのための断捨離方法を教える

ヲタ厨の皆さん、ここからが本題です。

断捨離を決意したはいいものの、買い漁ってきたアニメグッズをどう手放すか?そう考えたときには当然、私も悩みました。というのも、手放す場合の選択肢はおおよそ以下の3つがあるからです。

  1. 捨てる
  2. 譲る
  3. 売る

ここからは消去法で決めました。

1の捨てるに関しては可愛そうだしなんとなく心が痛む。

じゃあ誰かに譲ればいいのかと思ったが、それのために一人ひとりに連絡するのも面倒だと感じ、結果的に「アニメグッズを売る」という決断をしました。

売る方はアニメグッズ買取おすすめ業者を参考にしてください。

手放すか手放さないか、断捨離の判断はどうする

私はグッズを手放す選択肢として「売る」ことに決めました。

しかし、全てを売ったわけではありません。売ったものと売らなかったものは次の通り。

売ったもの

  • フィギュア
  • コスプレ衣装
  • 漫画

売らなかったもの

  • タオル
  • Tシャツ

断捨離の判断はそうするのか?これについては私の考えを述べると「生活に必要のないものは売る」「生活で使うものは売らない」という判断をしました。

タオルやTシャツは例えアニメのキャラクターが書かれていても、生活の一部で使いますし、そういうのは売ったところで安い値段で買取されるだけ。

どうせ売るならフィギュアやコスプレ衣装などの価値が付きやすいものを売る。私はこういうふうに手放すか手放さないか、断捨離の判断をしました。

ヲタ厨の皆さん、アニメグッズを手放すのは辛いですが、断捨離の参考にしてくださいね。

今回のまとめ

まとめると、この記事で私が伝えたかったのは、オタクグッズを手放しても後悔しない。当分の間は心寂しく思うけど、それは時間が解決してくれる、ということです。

手放す方法としてはいくつかの選択肢があるが、「どうせならお小遣い程度でもいいのでお金に変えよう」と思い、結果的に売ることにしました。

アニメグッズを買取査定に出したのは先日のことなので、買取金額などはまだわからない。このあたりも興味ある人はいるのかな?もしいたらコメントで教えて下さいね。

今回は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*